ちょっと紹介

http://www.charamuse.net/sagon/room/room.html

↑神話をモチーフにしたWEB漫画です。ハーベスト。
ちょうどしんどい時期にこの漫画に出会って元気をもらいました。
最初は「なんておっぱいばかり出る漫画なんだ!」と思っとったけど
人物が皆イキイキとしてて、テーマもものすごく深い、面白い漫画でした。(まだ未完だそうです)

絵柄は割とコミック~!て感じにデフォルメされたものですが、勢いのある線と美しい色彩、
ボンキュボンでオパイボーン!!!男児はムキムキ!みたいなのが平気ならば
ぜひ読んでみてください。
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-07 11:01 | その他

つまらん

陰陽、五行思想、ヨガの教え、仏教、シンクロニシティ、インディアンの思想、
そういうものの根底にあるもののことだとか、
いろいろさー いろいろ思ったことや考えたことを家族に話したけれど
弟にはしょうもないの一言にすまされ、おかんは聞いてはくれたけど興味なし

ちぇっ まあ確かにこういうのって興味ない人にはほんとどうでもいい話だよね
悲しいのでブログに書きます
まー書いたところで楽しいのは自分だけかもしんないけどさ

つまんないつまんない
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-06 21:04 | その他

シンクロ・シンクロニシティ

シンクロニシティという見えない法則を意識するようになって以来、なんでやねん!というくらい
シンクロニシティに関する情報と縁がありまくりなのです。
なにげに辿ったリンク先に、シンクロニシティのことが。なにげに購入した本に、シンクロニシティに関わる話が。
意識して知りたいと思ったものに、引き寄せられているんか、引き寄せているんか。

こ、これぞまさにシンクロニシティ!?ドキドキ…などとそこまで興奮することもなく、
なんとなく、「ああ、こういうことなのかなあ…」という薄らぼんやりとした心地です。
そうかもしれない、そうでないかもしれない?

シンクロニシティについてのわかりやすい説明ページ
http://www1.ocn.ne.jp/~iyasiro/maji/sincro.html#3

ブログ読んでくれているの、たぶん仲いい知り合いだけだと思うんですが、ちょっとでも気になったなら
読んでみそ?
普通に面白いよ。

科学で証明されていないものは信じないというスタンスを取る人は割と多いと思いますが、
それ言っちゃうと、「物事は全て科学で証明できる」という証明は?
科学という分野は研究途中のものであり常に成長中で、現時点での科学が万能なものではないということぐらい、みんなわかってると思うんだけどね。
科学的に証明されているものと、証明されていないものでは後者のほうが圧倒的に多いのだしね。
例えば人間の心ひとつとったって、いまだに心というものが身体のどこにあるのかー、とか
その心の仕組みの全てが科学で証明されてるわけじゃないのですが
じゃあ科学で証明されたものしか信じないって人は、自分の心なんてないのと同じになっちゃうじゃんね。
だけど、心というものの存在は皆確かに当たり前にあるものだと思っているはずです。

何が言いたいのか、よくわからんくなっちゃった。えーと。視点は一つだけじゃないということか…?

シンクロニシティというのは、たぶんそこここで頻繁に起きているんだと思う。
極端な考え方をすれば、全ての出来事はシンクロニシティによって起きているのではないかとすら思います。
ただ、それに気づくか気づかないかの違いなんだろうね。
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-06 17:20 | その他

旅をする時期がきたぞ

長々とひとりごと。いかにして乗り越えていくか?

やはり薬飲んだからっちゅって、一朝一夕に治るわけではないと…。
治るどころか、一時的な心の安寧は得ても、身体的には副作用の嘔吐感と倦怠感でしんどい。
私が今抱えているうつ病っていうやつは外因性でなく、内因性(元もとの性質・性格によるもの)なのだと
あーーー
本当はなんとなくわかっていたんですけども、些細なプライドだとか外因性だったらその理由(例えば職場など)さえなくなればなんとかなるに違いない、すぐに治るんだ、そういう短絡的な希望だとか、
そういうものがあるがために、認めたくなかったんですね。
病院の先生にさえ、自分のことを「最近の若い子って…」「精神的に弱い、気にしすぎる」そんな風に思われるのが嫌で、自分が本当に気になっていることを何も言えずに(言わずに?)おりました。
だけど、本当に治したいんだったら、本当の原因を、根っこの部分の原因を、
そういうもんをなんとかしなきゃいけないんだよね。
薬は確かに治療の助けにはなるだろうけど、根本的な解決にはならないと思う。
だって、再発の可能性があるのでしょ。そして実際服薬してるのに欝暦ン年という方がおられるのでしょ。
心と身体はひとつなんだって、お互いに影響しあうんだっていうのなら、
身体が健康でいることが心の健康につながって、その逆もまたしかりなのなら、
心を楽にする代わりに身体のどこかを犠牲にする(副作用)っていうやり方はおかしいじゃねえか。
実際、身体がしんどいことで心のやる気についていけず、そのギャップで苦しんで余計に自分を追い詰めることになってしまったわけですよ。

さて、どーーーしたもんか。

以下のページの掲示板で、数名方のセラピーに対する考え方についての真剣なやりとりの部分が
非常に興味深く勉強になったのでちょっと貼っておきます。

http://community.pureness.co.jp/3/read.php?id=581

とりあえず今の状態。たぶんこれはきっかけなんだと、思うことにしよう。
今まで深くは考えてこなかった、心のこと。心そのものについてのことを考えるための時期なんだってことにするべ。うんうん。
幸い私はまだ20代も前半で、ほんのちょっと、苦しい状態にある今ちょっと立ち止まったからって
別にいいよね?
たぶんまたスタートは可能なはずだ。

じゃあ、なぜ今きっかけなのか?

うーん、めちゃくちゃ長くなりそうだ。でも書くぞ。整理つけるぞー
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-05 22:22 | その他

恥ずいので

昨日の記事は削除しました。あっはーー;;
ナオちゃん、コメントありがとうね。愚痴ったらちょっとスッキリしたよ
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-05 16:45 | その他

さてさて、気になるところです。

先天的な性質や運命を見るのが命占、後天的な(環境、個人の意思、行動によって変動する)運命を見るのが卜占。
タロットは卜占です。意識や行動が作りあげた過去や現在、その人次第でいかようにも変わる未来を占います。
変えることのできる運命のみがタロットに表れるんだとしたら、タロットはちっとも怖いものじゃないですね。
タロットが教えてくれるのは、可能性です。
当たるも当たらないも、気持ちが作りあげる未来次第。
まあ、どのつく素人のアキのなんかさらに不確定要素満載だもんで。。。

てなわけで…

ある方のプロポーズの決意を知りまして、
そりゃすごい!うまくいきますように!と応援するかたわら…
どうなるのかな?とタロットに訊いてみました。

ヘキサグラムさん教えてください…ムニャムニャ。

ある方をAさんとします。お相手をBさんとします。
Aさんのここ最近の状況などは全く知りえないので、勝手な憶測。
Aさんは過去の「愚者の逆位置」をもって、プロポーズの決意を固めました。
Bさんに対して何か失言、失態でもあったのでしょうか?
この恋愛の足場に不安を感じ始めました。
相手への執着心から、進むべき方向を見失いはじめ。
愛情、愛情の袋小路。この不安定な状態をどうにかしたい!
そんな思いからのプロポーズの決意だったのでしょうか。

現在は「棒の10」。ストレスと重圧に苦しんでいます。
思いを告げることへの不安というよりも、実生活からの過重でしょうか。重荷を抱えて腰まで泥につかりながらも、
なおふんばって堪えているのです。
ここでなんとしても愛の絆というやすらぎが欲しいところなんですね。

Aさんとしては、望む答えはあくまで「正義」によるもの。
誠実な心による公平な裁量を、嘘偽りのない正直な答えを聞きたいと願っています。

冷静で理知的な女教皇がじっと観察、Aさんを見守っています。

さて、タロットは未来に「剣の9」を据えました。
不吉な予感。交渉決裂。がっくりとうなだれた人物に失望が満ちています。

対応策として、「聖杯の7」が(もう一度よく考えてごらん。欲求の大きさ、願望の大きさ、目的などをもう一度よく絞って慎重に選択しよう)
と言っています。プロポーズするかしないか?もう少し考えてみる余地はありそうです。ことを急ぐ必要はありません。

今のままでは最終的には、「悪魔」に魂を奪われてしまうかもしれません。
鎖に繋がれた男と女、相手への思いに縛られてがんじがらめ。
どろどろの状態に。心身ともに痛手を負いそうです。

どうやら問題は決意のお相手、Bさんの側にある様子。
BさんのAさんに対する心理状態を占ってみました。
あの人の気持ちが知りたいとき…ケルト十字はよく答えてくれます。

d0025720_21555637.jpg


過去、「棒のクィーン」が静かな水辺にたっています。
穏やかな愛情。ゆとりのある生活。
Bさんは確かにAさんと過ごすことで安らぎを得ていました。

そんなBさん自身は、今「剣のページの逆位置」です。
詐欺、背信、偽り、誤解、口論…。
Bさんを妨げているのは、棒の7。解釈が難しいです。

BさんはこのAさんについて、聖杯の9と見ています。
Aさんは、肉体的な充足や生の喜び、また、性愛の対象として、Bさんがすこやかに過ごすために必要な人のようです。
Aさんに幸せをもらっています。

Bさんの潜在意識は「棒の10」(ストレス、重圧)

Bさんのぽろっとこぼれた心の本音。
「金貨の2の逆位置」
二つの金貨を両手に玩具として遊んでいる無邪気な少年。
その少年がひっくりかえっています。
悪意はないものの、その愛情はあくまで表面的な軽いものでした。

環境は「聖杯の3の逆位置」
三人の人物がカップを掲げています。ひっくりかえってすべて杯の水は流れ落ちてゆきます。
意味するところは、早産、不調和。

さて、ここで一つの仮説をたててみました。充足と幸福を感じているはずのBさんが、なぜ潜在的にはAさんに重圧を感じているのか?

未来は「棒の5」。
生存競争 困難に耐える ライバル多し 発展途上
上昇志向 決意を示す 三角関係 敵の出現
ここまでで過去、障害、未来の一列に棒が並びました。

穏やかだった一つの愛が、数が増え裁ききれているうちはよかったものの、そのうちそれぞれが喧嘩を始めました。

BさんにはAさん以外にも一人、もしくは複数人愛情を注ぐ相手がいるのかもしれません。
一方で満ち足りた気分を味わいながらも、一方では注がれる愛情に罪悪感を感じているのかもしれません。
Bさんの愛は、Aさんが注いでくれるほど、深く誠のあるものではなかったから。

愛情は確かにあるのだけど、BさんにとってAさんは本命ではない、というとり方もできるかもしれません。

問題の今後、または対応には、聖杯の10が。
平和 幸せな家庭 やすらぎ 幸福の時 満ち足りた愛 家族の絆。
ン?ちょっと気になるカード…。
プロポーズを、受けるのかな…?

表示されたカードを集約した上での結末。
「節制の逆位置」
調整不足 衝突あり 機会を逃す 不和 不手際
分解する 可能性の消失 愛情の行き違い 不健康
Bさんには少し心と愛情が向かう方向の整理をする時間が必要なのかもしれません。
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-02 21:57 | ケルト十字

バカっぽいところがあるから受け入れられる

ヤフーニュースでちらちらと記事タイトルだけは目にしていたけれど、
そういえば朝のニュースにでてた。

577万円のキティちゃんのネックレスを娘に買い与えた親父さん…。

金があるという事実をバカ正直に露呈すると、なぜああもださく悪趣味に見えるのか不思議でならん。
あの親父さんは全くもって素直に「金があるので使いました」というシンプルな行動をとっただけなのに。

親父さんの豪邸には、入ってすぐの玄関に1500万円のシャンデリアがあり、なぜか和風石畳の渡り廊下がある。ジャグジー風呂とミスターものコレクション(親父さんの趣味)はよしとして。
駐車場に何台もならんだ高級車(全部同じに見える。黒い。外車ぽい)。

思うに、あの親父さんの「金があるので使ったヨ」スタイルはシンプルだけど、
なまじ金があると「余分なもの・明らかにいらないもの」が増えるから変な外観になるんじゃないか。
で、余分なもの・いらないものに金を使うのは、「みてみて!こんなにお金があってすごいでしょ!」
というお金があるのを見せびらかしたい、自慢したい、みたいな子供みたいな顕示欲があったりなかったり…
するのかどうかは、生まれてこのかた金持ちになったことがないのでわかりませんけどー。
しかし成金というと、だいたいこんな感じだよね。お金があるのが嬉しくてたまらないんだね。
すんげえ悪趣味なんですけど、なんかにくめない無邪気さ。

それにしても、あの宝石で作られたキティちゃんのネックレスの、その、
ものすげえダサさはいかがなものか。
まあ、実際つけてどうのというよりも、こういう遊び心の品を買ったという点で評価されるのかもしれないけど。
ニュースにしろ記事にしろ、どこかアイタタタ…;な雰囲気が漂っているのはきっと

買った親父さんの あの明らかに浮いているヅラのせいなんじゃないかと思う今日このごろ。

億する指輪だの時計だのつける前に、そのアデランスにもっともっと金かけて違和感のない自然なものにしてください。
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-01 20:34 | その他

いろいろ…

今週から仕事に行きますと言ったその口で、もう会社に「今日と、明日」二日間も休養を伸ばしてもらった。
今私は相当自分に甘くなっている。
昨日の夜眠れなかったこと(昼に眠りすぎて?)を言い訳に。

そんな報いを受けたのか、首筋を寝違えてとても痛い。目の奥も。ちくしょう。

昨日は眠りに落ちる前の状態がとても怖くて、何度もはっと意識を覚醒させてしまったのだ。
なんで怖かったのかというと、なんなんだ。
眠りに落ちる前って、体がもう睡眠モードに入っちゃってるのでもうあまり微動だにはできないんですね。
で、脳だけがものすごくさえてるみたいな感じなんですよ。
それでなんか「あ、今眠りに落ちようとしてる」自分をはっきりと認識するんですけど、
そんときにものすごくいろいろな音が聞えてるんですよ。
実際の音なのか頭の中で鳴り響いている音なのか、全然わからん。
言葉でもなんでもなくて、なんか電子音のような気もするし風の音のような気もするし、
宇宙の音ってこんななんかなあ…と考えてしまったものの、
知らない世界に身体ごともってかれそうで怖くて、「ほっ!」とか「はっ!」とかかけ声をあげて
びくっと夢うつつから目覚めるという…。

ハイ、アホですよ!

そんなことはさておき。

昨日、今日とまた新しいことを知っちゃった。
知ってよかったー。
いろんなことを考えてます。
目先のことだけでない、根本からの「生き方」みたいなものをどうするべきなんか、今考えている途中です。

とりあえず、今日は冷房を入れずに過ごしてみた。暑いので首に冷やしタオル巻いてね。
そしたら、風邪ひきました。
こんなに暑いのに、風邪ひくんだねえ…。こんなに蒸し暑いのに鳥肌がゾワゾワと。
全然嬉しくもないんだけど、何かとてつもない発見をしたような気分になりました。
エアコンないと生きてけないーって思ってたけど、割とそうでもなかった。家の中で気楽に過ごす分には。

陰陽、五行、ヨガ、シンクロニシティ、いろいろ…
でも、基本的には因果応報かなあ。まわってまわって、戻ってくるよなあ…。

和室で、洗濯物をずっと畳みながらセミの声を聞いていました。
心が落ち着いてゆくのがわかりました。
で、ブオオーーン、て車の音がするだしょ。違和感感じるの。
耳障りな音なんですよ。でも、聞き慣れてるからどうってこたないね。
すぐあたりまえの音になっちゃうね。

今日はとても精神的な一日でした。首めっちゃいてえけど。
まあこんな日があってもいいよね。

読んでちょっと感動しちゃったぜイェーイな、ローリング・サンダー。
「ローリング・サンダーを訪ねて」
[PR]
# by a_lazy | 2005-08-01 19:04 | その他

坊主頭ってフェロモンでてるよね

ニンテンドーDSの「押忍!闘え!応援団」やっとります。

なんかもう、家でゲーム(ゼーン以外)したのなんか何年ぶりだろうっちうくらい久々にやったー!
ココロオドルは極めたよ!
このゲームに出てくる応援団新人の、田中一(たなかはじめ)がモロ好きなタイプなんですね。
ヴィジュアル的に。
坊主頭でメガネで醤油顔とかね。ホントにね。

野球のことはちっともさっぱりわかりませんが、高校球児は好きだ。

一家に一人、爽やかにかつ暑苦しく!漏れなく晩ご飯に青春の汗をひとしずく隠し味としていれてくれるような高校球児を、飼えるような時代になりませんかね。
なりませんよ。
[PR]
# by a_lazy | 2005-07-31 17:00 | その他

男と女、それわ・・・

最近はもっぱらタロットタロットで、四柱推命については
いつまでたってもわからんちんのままです。
またちょっと興味がわいてきたので、ある男女の命式を借りて
勉強をさせてもらうことにしました。
縦二文字がその人とその人生を支える一つの柱になっています。
今回は不明な時柱を除いて三柱が明らかになっています。

辛甲辛      辛丁辛
酉午酉      卯酉酉

左が女性、右が男性。二人はいわゆるカップルです。
ぱっと見て、いくつか文字の種類や並びに共通点があることがわかると思います。

彼女も彼氏も、日干が辛(かのと)。二人とも本質的な部分は同じ。
辛は、貴金属(アクセサリーなど)に使われる柔軟性のある金属です。
磨きあげられてこそ、の金属です。
以下は参考にさせてもらっているサイトからの単なるコピペですが、

「本質的には受動的で、何事も増幅・反射する透明な性質。
感受性が極めて鋭く、現実的な状況・状態、事の良し悪しに関わらず
周囲の精神的な波動に反応し、散々思いつめた挙句、反射してしまいがちなので
対人面でつまづきやすい。
直接本人に関わらなくとも、周囲に不平不満や諍いなどの邪気が多いとそれだけでストレス
になる傾向。
良し悪しは環境次第・相手次第だが、自覚の有無に関わらず間接的に影響を及ぼすタイプ。
定期的な沐浴や瞑想などで、受けた邪気を洗い流すと比較的安定する。
自己内の興味や関心も増幅しやすく独自の美学を持って追求する所がある」

金属の表面は光を反射したり、周囲の景色が映り込んだりしますよね。
同じように、周囲の人間・環境にとても敏感な部分があります。
義理と人情に厚い干で、また貴金属(宝石)なので、ちやほやされてなんぼ。
自分が周囲にどう思われているのか非常に気にして、好印象を与えようと本能的な才能を顕します。

じゃあその本質が行動面ではどのように表れるのか?
女性のほうは、辛酉。酉は金気をもっているので、辛の金属的な性質を強めます。
日干十二運は「建禄」になります。

「現実的で堅実。責任感が強く、一度決めたことは容易に投げ出さない粘り強さがある。
意思が強く、物事を計画的に運ぶ冷静さと忍耐力がある。
反面、慎重さが過ぎて腰が重くなり大胆さに欠けチャンスを逃すこともあり、
納得いくまで譲らない頑固さ、融通の利かない堅さがあるので
温厚でも協調性には欠ける部分がある」

男性のほうは、辛卯。卯のもつ木気が辛の金気に傷つけられます。
日干十二運は「絶」になります。

「万事、物事に無頓着な所があり常に今を生きる刹那的な傾向が強い。
計画性や慎重さとはほぼ無縁で、その時々の気持ちに正直なので嘘はないものの気分屋で
一貫性がない。
超感覚的な面が発達しやすくひらめきや直観力に優れる。
常に全力投球出来るのが最大の強みで、ハードであればあるほど才能が伸びる。
逆に安定志向がほぼ皆無なので暇を持て余すと移ろいやすさが裏目に出て
自らトラブルを招いたり、波風を起こしやすい。
基本的には温厚、小さなことにはこだわらない」

つづきはまた今度。
[PR]
# by a_lazy | 2005-07-30 13:22 | その他